So-net無料ブログ作成

「国民怒りの声」と小林節は国民の味方になれるか [ニュース]

国会議事堂.jpg



「国民怒りの声」という新しい政治団体が出来るそうです。


国民と気持ちが合って、日本を良くしてくれるなら良いのですが、
どういった政党なのか、そして小林節さんとは
どんな方なのか調べてみました。



表明をしたのは、夏の参院選に出馬する意向を固めた
憲法学者の小林節慶応大名誉教授(67)です。



慶応大名誉教授がなぜ?



「立憲主義の危機だ。
安倍内閣には一日も早く退場してもらわなければならない」と
訴えているようです。



「民主党政権時代の失政を許せず、
共産党に投票する気にもなれない
多数の有権者の代弁者になる」と強調していますが、
どうなる事でしょうか。



「国民怒りの声」というけど、
日本国民の気持ちを本当に代弁してくれる人なんでしょうか?




設立するのは こちらの方です。


国民の怒り小林.jpg




ちょっと怖そうなお顔をしています。



★小林節さんはこんな人です


小林節(こばやしせつ)さん


日本の法学者、弁護士です。

専門は憲法学。



出身は東京都で、
高校時代は430人中成績が400番以下だったそうですよ。



そんな小林さんが1年の浪人生活をして、
慶應義塾大学法学部法律学科に入学。



これはかなりの努力家に違いありませんね。



その当時の大学は学生運動が盛んだった頃。



しかしそんな事に参加はせず、
睡眠1日2時間の生活を4年間もしていたそうです。



それは勉強をするためにです。



その甲斐あって首席で卒業。



その後 慶應義塾大学に勤務し、
1989年法学部教授に就任しています。



テレビ番組にも多数出演しているんですね。
知りませんでしたよ。



政治とか憲法って難しくって、
テレビを観ていてもチャンネルを変えちゃいますからね。







政治団体の設立は参院選への関心を高める事につながります。



安倍政権に批判的な無党派層の票を
掘り起こすのが狙いということですが、
うまくいくでしょうか。



そして資金はあるのかな?
そんな事も心配になりますが、
インターネットなどを通じて候補者と選挙資金を募るそうです。



賛同する人が多く、資金が集まって
国民のために頑張ってくれるといいですね。



いや・・・そんな他人事ではいけませんね。


温かく期待を込めて見守っていかなければ。




スポンサードリンク
nice!(0) 

nice! 0

気になる話題をみつけて思うままに語るブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。